WordPressの祭典、WordCamp Tokyo 2014『これからの情報発信』セッションの司会として登壇します。

2014年10月5日
2015年12月2日
gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordCamp Tokyo 2014開催まで、あと僅か。

10月11日に大田区産業プラザPIOでWordPressのお祭りイベント『WordCamp Tokyo 2014』が開催されます。このブログでも記事上部にバナーを貼っていますので、公式サイトを見てくれた方もいらっしゃると思います。

僕も運営スタッフとしてWordCampに携わっていますが、今回はセッションの中の『これからの情報発信』というセッションにおける、パネルディスカッションのモデレーターとしても登壇させて頂きます。

モデレーターというと大袈裟ですが、司会進行のような役割ですね。

WordCampって何?

WordCampって何?って人のためにイベントについて簡単に説明すると、WordCampとは世界各国で行われ、日本でも毎年開催されているWordPressのイベントで、スタッフは全員ボランティアの非営利イベントです。

WordPressは、世界で最も利用されているオープンソースのブログソフトウェアです。

Usage of content management systems for websitesによるとWordPressのシェアは全てのWebサイトのうちの23.1%にもなり、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム:管理画面からコンテンツを更新できる仕組み)内のシェアは61.0%にもなります。つまり、普段目にしているWebサイトの4つか、5つに1つはWordPressで作られたサイトになるわけですね。

WordPressを支えてるのは誰か?

WordPressはオープンソースソフトウェアであり、ソースコード(プログラム)が公開されていて、誰でも開発に加わることができます。そのため、これまで多くの人達がコミュニティに参加して貢献しています。

WordPressは無料で利用でき、書籍なども豊富であることから、近年急激に利用者が増えていますが、コミュニティの存在などこのような背景があることは知っておいたほうがいいでしょう。

おいしい野菜を見つけたら、産地が気になりませんか?
僕はおいしい野菜を作れる段階(開発貢献)には至ってませんが、口にしているみなさん(ユーザー)に、産地(コミュニティ)は知ってもらいたいと思っています。

WordCampは単純に楽しいだけではなく、それらの情報に近づくための一歩としても、適したイベントだと思うので、ぜひ会場に足を運んでください。

WordPressの与えたインパクト

WordPressの掲げる目標の1つに情報発信の民主化があります。
僕はWordPressの存在がなければ、個人が自由に情報発信する土壌がここまで育っていたとは思えません。

そういう意味ではFordが自動車を大衆化したように、『WordPressの誕生と発展』が時代に与えたインパクトは無視できないものであると思っていて、後で情報革新の時代を振り返った時にTwitterやFacebookなどのSNSと併せて必ず言及されるであろう1つの象徴的なオープンソースソフトウェアだと思います。

ちなみにこのブログもWordPressで作っていますし、僕もWordPressがなければブログを書いていなかったかもしれません。そして、同様に多くの会社員ブロガーや芸能人のブログも存在しなかったのではないでしょうか。(Fordの存在が無いことを前提に電気自動車の有無を議論するようなものですが。)

今回、僕がモデレーターを努めさせていただくセッションは『これからの情報発信』として情報発信に関わっている人達に登壇していただきます。

『これからの情報発信』の豪華な登壇者陣

全体についての内容はWordCamp Tokyo2014の公式サイトを見て頂くとして、情報発信に関するセッションのパネラーとしては、以下の4人の方にお越し頂きます。

スタートアップ関連のメディアとしてはもっとも知名度のあるメディアと言っても過言ではないTHE BRIDGEの池田将さん、実務で使える良質な記事を多数発信しているFindJob! Startupのディレクターを務める中村健太さん、会社に勤めながら人気サイトを運営している個人ブロガーのPITE.さん、そして笑いと技術の両輪でオウンドメディアの成功事例としても名高いLIGブログの編集長である朽木誠一郎さんと豪華な顔ぶれとなっております。

最後に

WordCamp Tokyo 2014ですが、もし、WordPressを使っていたり、WordPressに興味があるのであれば、WordCampに一度来てみるといいと思います。
無料だけど得るものは少なくないと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする