たっぷり入る!パタゴニアのトートバッグを買ったよ

2017年1月13日 gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Patagonia Canvas Tote
Patagoniaのキャンバストートを買いました。
個人的にアウトドアブランドとミリタリー製品は機能的という面で大好きなのですが、ただのキャンバス地のトートバッグに4000円近く出すのどーなのよ?と思ったりもします。

じゃあ、なんでトートバッグなんて買ったのかというと、早起きして市場で仕入れた鎌倉野菜をトートに詰めて家で調理する。なんて理由は1ミリもなく、ただ単に主催しているボードゲーム会に大箱のボードゲームを持っていく時に、手軽に丈夫で大きめなバッグが欲しかったんですね。

なんか安いトートバッグを探していたもののなかなか良いものがなく、結局これを買っていたと。予算は2000円のつもりだったのだけど、どーせ長い付き合いになりそうということで、色と柄の気に入ったこちらのトートバッグにしました。

製品レビュー

というわけで、どんなものなのか紹介していきますよ。

パタゴニアらしいフェアトレード製品ですよー。みたいなタグ。
別に特別な感情はないけれど、言い訳くさくたって、偽善だっていいじゃない。
Patagoniaトートのタグ

購入する時に写真ではサイズ感がイマイチわからなかったんですが底面が30cm × 15cmで高さが41cmです。
Patagonia キャンバストート底面

収納力はたっぷり。
ボードゲーム大箱を3つ入れてみたところです。
Patagoniaのキャンバストートの収納力

さすがに3つ入れるとパンパンで、パンツの線みたいなの出ちゃいます。
別に持ち運べるけど余裕はないって感じ。
Patagoniaキャンバストート側面

買ってみた感想

ボードゲームの持ち運びに丁度いいものがなかったのと、柄と色味が気に入ったので買ってよかったかなと。
品質は1,000円のものでも大差ないと思います。Patagoniaのキャンバストートはシーズン毎にいろいろな柄のものが出ているみたいなので、気に入ったものがあれば、そのタイミングで買ってみてもいいんじゃないでしょうか。

ブランド的にオーガニック野菜買いに行く人とか、緑の多い公園にピクニックとかに行く人が持ってそうな気もしますが、どうなんでしょう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする