bluetoothヘッドセット『JABRA STYLE』をレビュー

2015年7月20日
2017年5月16日
gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JABRA STYLE

Bluetoothヘッドセットを購入

数年前に一度だけbluetoothヘッドセットを購入したものの、品質や使い勝手の悪さにほとんど使わないままだったのですが、車やバイクで移動することも多いため、あらためてboluetoothヘッドセット購入を検討していました。
最近は性能だけではなくデザイン性も向上し、結構いい評判を耳にすることも多い。

そんななかで購入したのは通話品質に定評のあるJabraの製品。
製品に含まれているのは本体、イヤージェル、マイクロUSBケーブル、マイクロUSBアダプター、そして説明書。
JABRA STYLE

本体は嫌味のないシンプルなデザイン。
JABRA STYLE

裏側。イヤーフックはデフォルトだと右耳で使用するようになっていますが反転して挿し直すだけで左耳でも使用可能です。
JABRA STYLE

デフォルトの状態(右耳着用)で上側にスイッチボタン。
JABRA STYLE

後方(後頭部側)に充電用のマイクロUSBポート。
JABRA STYLE マイクロUSBポート

デフォルトの状態(右耳着用)で下側に切り替えスイッチ。
JABRA STYLE スイッチ部

付属のイヤージェル
JABRA STYLE イヤージェル

ゴムの隙間に爪を差し込んで元々付いていたゴム製のパーツを取り外します。
JABRA STYLE イヤージェル取り付け

外した部分にそのままはめ込むとこんな感じ。
JABRA STYLE イヤージェル取り付け後

JABRA STYLEのスペック

Bluetooth バージョン: 4.0
音量ボタンなし
近距離無線通信 (NFC)
通話時間: 最長6時間
待受時間: 最大168時間
サイズ: L 6.69 x W 2.42 x H 1.65

iPhone 6 Plusとペアリング

特に難しいことはありません。
切り替えスイッチをbluetoothに切り替えて
「設定」→「Bluetooth」→オンに切り替え
自分のデバイスのなかに候補として『Jabra Style v1.3.4』を選択し、接続済みになれば接続完了です。

製品の紹介動画(英語)

JABRA STYLEを使ってみて

音質について

音はクリアで普通に電話持って話してるのと変わりません。
何度か環境を変えて使用してみましたが、相手の声は聞きやすく、相手にもこちらの音が綺麗に聞こえているそうです。以前使用していたものは通話相手から何を言ったのか聞き直されることが多く、使う相手を選ぶ印象でしたが、この製品に関してはそのようなストレスがありませんでした。

最大100mの距離でも繋がるというclass1対応ということで、スマホを置いて家の中を歩いてみましたが、途切れることなく通話できました。スマホをリビングなどに置いて、家事をしながら電話で話す人とかにもいいかもしれません。

装着感

最近のものはどれも小型なので、重さなどは特に変わらないかもしれません。
人にもよるでしょうが、僕の場合、イヤーフックは長時間つけていると耳の軟骨部分が痛くなってきます。
バイクや自転車など以外の落とす心配がない場所で使用する際はイヤーフックをはずし、イヤージェルのみで耳にはめ込むようにして使用するほうが良さそうです。

丁寧な日本語音声ガイダンス

女性の声で音声ガイダンスが流れ、接続状況や電池の減りを知らせてくれます。
あまり必要ないと思うかもしれませんが、意外と親切な機能だと感じました。

その他

そのほか便利だと思った点としては、バッテリー残量をiPhoneの画面で確認できます。(これは便利)
過去に使用していたものは残量がわかりづらく、使おうと思った時に使えないことがありました。

ボタンを2回押すとリダイアルできるのですが、iPhoneの場合はbluetoothのデバイス側からiPhoneを操作することができないため、電話に出るなどの操作ができません。
ただし、応答ボタンを長押しすることでsiriの起動が可能なので、siriを使って様々な機能を使うという応用の余地はありそうです。(※地図でナビを起動したり等)これまでsiriをほとんど活用してなかったので、この製品をきっかけに試行錯誤しているところです。

まとめ

今のところ結構満足度も高いので、しばらくはこれを使ってみようと思います。
つくりもしっかりしてるし、機能面でも問題ないので、迷ってる人には結構オススメできそうです。



楽天で探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする