iPhone 6 plus のガラス割れなどでフロントパネルを交換するときに必要なもの

2015年8月25日 gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone 6 Plusのガラスが割れた。その時どうする?

iPhone 6 Plusのガラスが割れてApple Care+で7800円を支払い新品に交換してもらいました。
iPhone 6 Plusのガラスが割れたのでApple Careを適用して新品と交換してもらったよ。

iPhone5までは自分でフロントパネルを交換していましたので、iPhone 6 Plusでフロントガラスが割れてしまった時に自分で交換する場合の情報なんかもまとめておきます。

必要な交換パーツと工具類

フロントパネル

ガラスのみが低価格で売っていたりしますが、ガラスのみの交換は不可能です。
ガラスだけ交換しようと液晶から剥がそうとした時点でかならず液晶が割れますので、必ず液晶パネルが一体となったフロントパネルを交換してください。

iPhone分解用工具セット

手っ取り早く必要なものを揃えるならこれです。
この手のセット品の品質や精度はあまり高くないですが、作業を行うための必要最低限のものは揃っています。

ペンタロープドライバー

iPhoneを開けるにはライトニングケーブルの差込口の両側にあるペンタローブという星型の特殊なネジを外す必要があります。
iPhone修理工具のセットにもかならず含まれていますが、作りがあまり良くないので、今後のことも考えて、上質なものが欲しい方はこちらをどうぞ。

精密プラスドライバー

iPhone内には小さなネジ(サイズは00)が沢山あります。
精度の低い工具でネジをナメてしまうよりは、いい工具に少しお金を出したほうがいいです。
Wera(ヴェラ)は品質が高く評価されているドイツの老舗工具メーカーです。

ちなみにiPhone関係なく、Weraのこの工具が欲しくて今にも買ってしまいそうです。

ピンセット

小さなコネクタとか外すのにピンセットもあるとなおいいです。

で、肝心の手順についてなんですが海外サイトのiFixitさんが工程ごとの写真が多くてとてもわかりやすいです。
iPhone 6 Plus Display Assembly Replacement

最後に

経験則からいって、作業にはなんだかんだで1時間はかかると思います。
焦ってネジなどをなくしたりしないように2時間くらいは時間を確保して余裕をもってやるのがいいかと思います。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする