大満足。シンプルな防水自転車用LEDライトをレビュー

2017年4月20日 gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車用のLEDライトをご提供いただきましたのでレビューしました。
コンパクトでシンプルなデザインながら光量も使い勝手もいい大満足のプロダクトでした。

それでは写真を交えながら製品を見ていきましょう。

製品レビュー

こちらが本体。他に充電用のUSBケーブルがついていました。
自転車用LEDライト

横から見たところ。(取り付けパーツは別)
自転車用LEDライト側面

後ろの面。
自転車用LEDライト後面

光量は十分でかなり明るく、直視できないくらい。
上部のボタンを長押しでLEDライトが点灯し、ボタンは青く点灯します。
ボタンを押すごとに強、中、弱、点滅、とモードが切り替わり、再び長押しするとオフになります。
バッテリーがなくなってくると上部のボタンが赤く点滅します。
光量は十分

取り付けはパイプに巻きつけて手でネジを締めるだけ。
取り付けは簡単

ライト自体は爪を押し下げながらスライドさせると簡単に取り外せます。
取り外したライトは手持ちライトとしても使え、持ちやすいサイズになっています。
簡単に取外せる

裏面。ゴム蓋の下にマイクロUSBポートがあり、そちらから充電します。
自転車用LEDライト裏面

実際に使ってみた感想

このライトはかなりオススメです。
デザインもシンプルですし、安っぽくもなく、コンパクトだけど光量も十分。
強にすると、夜の対向車(人)には少し眩しく感じるかもしれません。

取り外しが簡単なので、自転車をどこかに止めた時に素早く外して持ち運べます。
バッテリーは使い方によりますが、今のところ1週間に1回くらい充電すれば持っている感じです。
バッテリー残量がなくなっても赤く点滅し、すぐに気づけるので長時間自転車で出かける時はあらかじめ充電しておけば困ることはなさそう。

以前、使っていたライトがあまり明るくなくて不安だったので、こちらのライトに変えて安心感が大幅に増しました。
明るくてシンプルな自転車のライトを探してる人にはオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする