大容量モバイルバッテリーCheero Power Plus 2を旧モデルと比較

2013年5月14日
2016年10月17日
gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何気に購入から結構経ってしまっているんですがiPhone用に大活躍している10400mAhの大容量モバイルバッテリー『Cheero Power Plus 2』を旧モデルと比較してみました。

Cheero Plus2

Cheero Plus2
前のモデルでは様々な機種に対応できるプラグセットがついていたのですが、今回のモデルはケーブル系の付属品は充電用のUSBケーブルのみ。
後はナイロン製のペラペラだったケースがしっかりとした作りの肌触りの良いケースに変わりました。

Cheero 比較
左側が新型。すこしスタイリッシュになっています。
デザインが特別いいとは思いませんが、デザインを意識し始めたことは確かです。

Cheero 新旧モデル比較
厚みが少し薄くなった替わりに幅が少し大きくなっています。
ただし角に丸みがついたことで、実際の厚み以上に薄くなったように感じます。
USBコネクタ部分の配置順が変わった他、新モデルではLEDライトが付きました。

Cheero 新旧モデル比較
上面にあったバッテリー容量の残りを示すライトは5から3になったため、残量が少しわかりづらくなっています。

Cheero Plus 2 電源部分
電源がスライドだったものがボタンになっています。

価格は3000円ちょっとなので相変わらずコスパは高いです。
色はシルバーとブラックの2色。
山行くときや旅行なんかの時は大活躍しますね。

モバイルバッテリーのおすすめと選び方をまとめていますのでよろしければそちらも参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする