USB3.0対応のUSBハブを買ったら地味に進化していた。

2015年8月19日
2016年10月26日
gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

USBハブを新調

僕も使用しているMacBookAirは2012年のモデルからUSB3.0を採用しています。
普段はそこまで外部機器を繋げることはないのですが、2つしかUSBポートがないため、ごく稀にUSBハブを使用することがあります。

これまでは以前購入した古いUSBハブを使用していたのですが、最近ではUSB3.0で接続できるものばかりなので、USBハブもUSB3.0に対応しているものに変えてみることにしました。

ちなみにUSB3.0はUSB2.0の約10倍の転送速度があり、USB3.0対応の機器を、USB3.0に対応していないハブを経由して繋げてしまうとそのスピードを最大限活かせません。

今回、選ぶ時に重視したのは以下の点。

  • USB3.0対応
  • 3ポート以上
  • コンパクトで持ち運びやすい
  • ケーブルが無駄に長すぎない

購入したのがこちらの製品。
USBハブ U3H-K304B

10cmにも満たないケーブルも短くていい感じ。
USBハブ U3H-K304B

USB3.0対応の3ポート。
USB3.0は基本的に青い端子を使用しているそうです。
USBハブ U3H-K304B

意外とよかったのが、ケーブルがしっかりまとまる点。
USBハブ U3H-K304B

仕組みは単純で、USBの差し込み部分に突起があり、USBポートに挿しこんで固定してるだけ。
USBハブ U3H-K304B

買ってみた感想

それほど頻繁に買うものでもないし、あまり大差ないと思ってたけど、ケーブルをまとめる部分が地味に進化してて嬉しい感じ。こういうシンプルなアイデアが使いやすさを生むんですよね。使いやすいデザインてこういうことかなぁと思います。見た目もシンプルですし、嵩張らないので持ち運びにも便利。

そういえば1年前に買ったディスプレイ切替器とマウスもELECOMの製品でした。
2台のMacやPCでDVIディスプレイを共有できる切替器を購入したよ。
ワイヤレスBlueLEDマウス『握りの極み』を買ったので商品レビューするよ

意識してないけどELECOM製品になってるってことは、ここ数年の商品開発が自分に合ってるってことなんでしょうかね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする