葉山で波の音と音楽を楽しみながら食事ができる『CABAN』が心地よい

2014年11月23日
2017年5月16日
gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森戸海岸を一望できるデッキのカフェレストラン

天気が良かったのでTomorrowlandなどがプロデュースするカフェレストラン『CABAN』に行ってきました。
場所は葉山の森戸海岸沿い。海を一望しながら食事や飲み物をいただけます。

実はこのCABAN、数年前のDesigner’s Weekで仲良くなって以来、行くたびに話しこんでいるデイビッドというイケメンプロデューサーもこのCABANに関わっているんですね。オープン当初から遊びにこいと誘われ続けていましたが、ついに行って来たのでレポートします。

DJブースがあり、波の音と音楽のバランスが最高に気持ちよいです。
奥の棚にはデイビッドのプロデュースするブランドZillionのプロダクトが並んでいます。
CABANのDJブース

カウンター席とスタンディングテーブル。
ストーブもあります。
CABAN

ソファのような席があります。
明るい時間帯は寝転がり気持ち良さそうにしていた人もいました。
CABAN

外なので上も空。
CABAN

天気の良い午後3時くらいから日が沈むまで、ゆっくりとした時間を過ごすことができました。
こんなにゆったりと海を眺めながら過ごすのは久しぶりです。
CABANから見た夕日

右に見えるのは江ノ島。
この角度から江ノ島を見るのはとても新鮮です。

東南アジアを旅してた時ってこんな感じのところで時間の流れを体感しながら食事することが多かったなぁと思いつつ、最近、そういう旅らしい旅から遠ざかってるような気がしてしまいます。

訪れてみての感想

海の家意外でここまで海を間近に感じられるお店は湘南でもそんなに多くない気がします。
音と波のバランスもここちよかったです。

あくまで外なので天候によっては寒いですが、穏やかな天気の日は最高に気持ちいいですよ。

CABAN

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする