これは便利!傘カバーを購入したら雨の日のストレスが減ったよ

2017年4月1日
2017年4月3日
gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雨の日のストレスを軽減

普段、傘って持ち歩いていますか?
僕は傘を持って出かけるともれなくどこかに忘れてくるという能力を持っているため、小雨ならゴアテックスのジャケットでやり過ごし、それなりに雨が降っている時は折り畳み傘を持って出かけるようにしています。

ところが折り畳み傘のケース(カバー)ってサイズに余裕のないものが多く、しまうの面倒くさいんですよね。特に電車やバスなどの公共交通機関に乗り降りする時とか、いちいち畳んでケースに入れるのが超絶メンドくさい。

混んでなければ水滴だけ落として床に置いてしまったりもするのですが、どこか罪悪感のようなものがある。
で、こんなことしてるといつの間にかケースを失くしてまってたりして、結果的に別の傘の色違いのケースに入れることになったり、クシャクシャ音のしないショップのビニール袋にいれて誤魔化したりしてました。

そんな日々の不満を解決すべく、先日ついに購入したのがこちらの傘カバー。
傘カバー

シンプルなデザインで余計なことしてなくて値段が手頃なのがいいんですよね。
色や柄を増やしたとしても、基本的にはこのまま貫いて欲しいです。
傘カバー

このカバーは3つの面がジッパーになっていて完全に開くことができます。
内側はマイクロファイバー素材になっているので、濡れた傘を入れても水分が滲み出ることもなく、そのままカバンに入れても他のものが濡れません。全開きにできるので、帰宅してから乾かすのも簡単ですね。
傘カバーの内側

実際に使用しているところです。
長さは25cmと35cmありますが、僕は25cmにしました。
25cmでも小さめの傘ならジッパーを完全に閉めることもできそうです。
傘カバー使用時

付属のゴムバンドで小さくまとめて持ち運ぶことも可能です。
傘カバー持ち運び時

実際に使ってみた感想

これは地味ですが、かなり便利ですね。
乾かす時のメンテナンス性も高いのですが、何よりも濡れた傘を素早くスムーズに出し入れできるのがとてもいいです。
あえて希望を言うなら、丸カンがついてたらカラビナとかがつけられて使い方のバリエーションが増えそうな気がします。あとはパッケージデザイン変えたほうがもっと売れるかもしれないですね。

梅雨の時期は特に大活躍すること間違いなし。
同じような不満をお持ちの方にはぜひ試してもらいたい製品です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする