A4用紙を三つ折りで持ち歩く。OLETTA(オレッタ)が超絶便利

2016年2月25日
2017年5月16日
gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oletta (オレッタ)

大きなカバンは持ち歩きたくないけど、A4の用紙は持ち歩きたい。

A4の書類とかを持ち歩く必要がある時に、そのためだけに大きなカバン持つのってバカらしかったりしますよね。たとえば役所とかにA4用紙1枚もらいに行くために、普段より大きな鞄を持たなきゃいけないということありませんか?

僕はウエストバッグ(ヒップバッグ?ウェストポーチ?)を肩に斜めがけとかして出かけることが多いです。
そのため、A4用紙は折って入れてましたが、結構グチャグチャにしてしまいがちで、大事な書類とかだとかなり気を使うんですよね。
特に美術館とか展示とか見に行った時に、A4の素晴らしいデザインのチラシとかもらって、綺麗に持ち帰ってファイリングするというミッションが発生した時に困ることが何度もありました。

そんな潜在的ニーズを解決してくれるのが、キングジムさんの発売しているOLETTA(オレッタ)。PPの透明タイプと不透明タイプ、そして縫製タイプの3種類があります。

僕が購入したのは、縫製タイプの青色と、うっすら中身が透ける白色クリアの透明タイプのもの。
OLETTA (オレッタ) 縫製 青
OLETTA (オレッタ) 白色クリア

布地のほうはポケット部分にスリットが入っていて名刺やカード類を差し込めます。
OLETTA (オレッタ) 縫製 青の中身

クリアタイプのほうはシンプル。
OLETTA (オレッタ) 白色クリアの中身

紙の厚みにもよるものの、紙は10枚くらいまで重ねても気になりませんでした。
紙の量が増えると、縫製のものに比べ、PPタイプのものは少し浮いてしまいやすい感じです。
OLETTA (オレッタ) 縫製

厚みを比較してみると、布製のものは透明タイプの2倍ほどの厚みがありました。
そのかわり、クリアタイプよりもがっちりしてる印象なので、使用用途によって変えると良さそうです。
OLETTA (オレッタ) 厚みの比較

感想

僕の場合はウエストバッグでもA4の書類をぐちゃぐちゃにせずに持ち運べるのがとても嬉しいです。普段はノートPCなんかを持ち歩いている人でも、たまに紙の資料とかをもらった時に管理に困るのではないでしょうか?そんな時はPCバッグに書類を一緒にいれたりとかしてごまかしていましたが、これが1冊?あれば解決する気がします。そんなに嵩張るものでもないですしね。

僕は何かをまとめる時に目的ごとにA4用紙1枚にまとめることがあって、それらを何枚か持ち歩くってことがよくあるんですが、まさにそんなニーズを満たしてくれる製品です。

旅行に行く時でも、街の地図や、宿泊先の連絡先一覧、興味のある施設の情報などをまとめた紙などを挟んで持っていったりすれば大活躍すること間違いなし。価格も安いですし、これは買っておいて後悔しない製品だと思います。
アマゾンのプライム便なら明日届きますね。

縫製タイプ

透明タイプ

不透明タイプ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする