[映画] 主演の渋谷すばるの才能が全開『味園ユニバース』

2016年6月1日 gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

味園ユニバース
photo cregit by o_Ozzzzk

渋谷すばる初単独主演作品

予告編をみて、そのうち観たいと思ってた関ジャニ∞の渋谷すばる単独主演作品『味園ユニバース』を観ました。
監督は山下敦弘。邦画の監督はあまり知らないのですが、結構、作品を出している方でした。

あらすじ

記憶を失った男(渋谷すばる)が公園でやっていたライブに乱入してマイクを奪い歌を歌うと、そのまま気絶してしまう。バンドのマネージャーであり、スタジオを経営しているカスミ(二階堂ふみ)はその男を「ポチ男」と名付け、スタジオで働いてもらう。ひょんなことからバンドのボーカルを任され、周囲に馴染みつつあったポチ男はある出来事から失った記憶を取り戻すのだが…。

予告編はこちら

映画を観た感想

いやー、面白かった。
ストーリー的には一部、ちょっと無理がありすぎるだろと、と思う点もあるんだけど何と言っても渋谷すばるの才能が全開です。歌唱力、演技力、顔力、そして役のハマり具合がハンパないですね。二階堂ふみは相変わらずの安定感だし、鈴木紗理奈や赤犬もいいスパイスになってるんだけど、この作品は渋谷すばるです。彼が全て。

この映画が初の単独主演作品になるそうですが、危うさのかけらもありません。そして同時にミュージシャンとしてのソロデビュー作品として出したスカ調の曲『ココロオドレバ』と、バラード曲『記憶』の2曲も、メロディラインが耳に残るいい曲です。

関ジャニ∞って結構バカなことやっててジャニーズの中では結構好きなグループなんだけど、そんなかでも渋谷すばるさんはちょっと独特の雰囲気持ってるなぁっていう印象を持ってる人は多いと思うんですが、ここまで多才とは正直驚きました。

記憶を失っているポチ男の演技、そして記憶を取り戻した荒々しい茂雄の演技。
本当に上手いんですよね。

彼が次に出る映画も見なければ。そう思わせてくれる作品でした。

自宅で映画鑑賞するために便利なサービス比較

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする