ELECOMの最新マウス『M-XG3DLBK』をレビュー

2016年9月25日
2016年10月26日
gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
M-XG3DLBK

僕はマウスがないと駄目な人間なので、MacBook Airを持ち歩くときはマウスも一緒に持ち歩いています。
そんなせいなのか、これまで使用していたマウスの調子が悪くなってしまいました。

なんとなく今回は寿命が短めだった気がしますが、新たなマウス購入を検討していたらELECOMのマウスが意外と性能アップしてたのでポチってみました。ボタンが増えているのがわかりやすい変更ですが、読み取りタイプもULtimateレーザー式というものに変わってるようです。これでロジクールからエレコムに変えて3台連続でエレコムのマウスとなりました。

ULtimateレーザー式とは

ほぼあらゆる素材の上で操作可能なTrack on Grassレーザーセンサーを搭載したレーザーセンサーマウス透明なガラス面などあらゆる素材の上で操作可能です。
マウス (無線マウス一覧)- ELECOM

製品レビュー

こんなパッケージ。
以前のモデルよりも少し豪華になってる気がします。
M-XG3DLBKパッケージ

開くと製品が確認できるタイプ。
M-XG3DLBKパッケージ

セット内容は本体、レシーバー、説明書、単3アルカリ電池1本。
M-XG3DLBKセット内容

マウス裏面。
電池ボックスとレシーバーをしまう場所がありますね。
レーザー部分の周りが黄色くなってるのがULtimateレーザー式ってことなのでしょうか。
M-XG3DLBK裏面

ボタンは左右以外にforwad,back,ファンクション1,2,3とスクロールボタンの8つ。
多いけど果たしてこんなに使いこなせるんだろうか。正直ここまではいらない気がする。
M-XG3DLBKボタン

実際に使ってみた感想

ELECOMさんのこのシリーズは手に馴染む感じのシルエットで、結構気に入ってますし、既に使い慣れているので違和感などもありません。レーザー性能に関しては従来のものと比較して著しく違いがある感じはありません。ためしにマウスパット、木、コルク、座布団など様々なものの上で使用してみたところ、確かにどんな場所でも違和感を感じることなく使用できました。とはいっても従来のものでもそんなに困らなかった気もします。

実は前に使っていたマウスはレーザーの焦点がズレてしまったのか、マウスを動かしてもポインタが反応せず、空振りするような状態になってしまう症状だったので、そのような故障が起きないといいんですけどね。

握り心地もいいですし、見た目も結構好きなシェイプ、価格も実売で2500円ほどなのでなかなかいいんじゃないでしょうかね。
ちなみに重量は電池を入れた状態で121gでした。毎日使うものですが最低でも2年は使えたらいいな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする