HooTooのType-C対応USB多機能ハブ『SHUTTLE』をレビュー

2016年4月12日
2016年10月26日
gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hootoo shuttle
HooToo様よりUSB Type-C対応の多機能ハブ『SHUTTLE』HT-UC004をご提供いただきましたのでレビューいたします。

製品レビュー

製品のパッケージはシンプルで綺麗。
HooToo Shuttleパッケージ

ロの字型の外装パッケージずらして、箱を開けたところ。
一番上には説明書が載っています。
HooToo Shuttleパッケージ

説明書を取ると本体が見えます。綺麗に収まっておる。
HooToo Shuttle

説明書は折りたたまれており、開くと中央に本体を置く場所があります。
この製品は同じ外装のポート違いでHT-UC001、HT-UC002、HT-UC003、HT-UC004という4つの型があり、説明書は共通のようです。
HooToo Shuttle説明書

本体を真ん中におくと、それぞれの面に配置されている端子の説明が書かれています。
左側にHDMIのプリントがありますが、今回ご提供いただいたHT-UC004にはHDMIポートはなく、説明書にはその旨記載されています。
HooToo Shuttleと説明書

製品下部にはUSB3.0のポートが3つと、SDカードスロットがあります。
HooToo Shuttle

製品上部にはUSB Type-Cコネクタ対応のDC INポートがあります。
これによりノートなどを使用しなくても充電ケーブルを接続して複数のUSB製品に給電可能です。
HooToo Shuttle

Mac本体側につなぐUSB Type-CコネクタにはHooTooのロゴがプリントされています。
USB TYPE-C

裏面は少しなめらかなマットな質感。
HooToo Shuttle裏面

まとめ

プロダクト自体の質感が素晴らしく、とてもしっかり作られています。
パッケージも含め、Apple製品を意識した作りで、かなりいいところまで行っています。本体に関しては、純正品と並べても遜色ない出来だと思います。

販売ページが共通なので購入される際は、型番に気をつけてください。
HT-UC001が最高スペック、HT-UC003が最低スペック。
HT-UC002とHT-UC003はHDMIとDC INのどちらが付いているかの違いです。

  • 全製品共通(USB×3,SDカードスロット)
  • HT-UC001 (HDMI, DC IN)
  • HT-UC002 (HDMI)
  • HT-UC003 (基本)
  • HT-UC004 (DC IN)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする