未来感漂うクールなUSB接続コンデンサマイク『Meteor Mic』

2015年12月28日
2016年10月26日
gappacker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Samson Meteor Mic 箱

意外と選択肢の少ないUSB接続マイク

最近オンライン英会話などしていて、マイクを使っています。
これまで使っていたのがSonyのECM-PC60というものです。

決して悪くないのですが、僕の使用しているMacにはマイク端子がないため、変換ケーブルを使用して使っていました。
ヘッドセットがそんなに好きではないので、音はスピーカーから出しているのですが、マイクだけのために変換ケーブルがあってゴチャゴチャしているのが嫌だったのでUSB接続のできるマイクを探していて、見つけたのが、今回購入した『Meteor Mic』です。

Samsonというメーカー

SamsonというメーカーをみてSamsungのパクリメーカーかと思ってしまってすいません。

公式サイトによると1980年にワイヤレス・マイクロフォン・システムのデザインから始まり世界140カ国で販売している
オーディオ機器では有名なメーカーのようです。

Samson Technologies

製品レビュー

外箱はこんな感じで、なかなか高級感があります。
Samson Meteor Mic 箱

開封するとこんな感じ。
Samson Meteor Mic 中身

セットは、本体、USBケーブル、ベロア素材のしっかりとしたロゴ入り収納袋の3点。
Samson Meteor Mic セット内容

折りたたみの脚部を開いて立ててみたところ。
Samson Meteor Mic

正面にはボタンがあります。
マイクがオンになっている時は、上部のLEDランプが青く点灯、ボタンを押すとミュートになり、ランプが黄色に変わります。周囲のダイヤルはマイクの入力ボリューム調整になります。
Samson Meteor Mic ボタン

背面にはUSBの給電ポートとヘッドホン端子。
ヘッドホンをさすとマイクを通した音が確認できます。
PC側の出力をMeteor Micにすれば、ヘッドホン端子を通して流した音を聞きながらマイクの音を重ねるなんてこともできます。つまりカラオケの音聞きながらボーカル録りするなんてこともできるわけですね。
Samson Meteor Mic 背面

脚部の裏にはグリップの効いたゴムが付いていますので、ちょっとした傾斜なら滑ることもありません。
samson Meteor Mic 脚部

折りたたみできる脚部は丁度いい負荷があり、微妙な角度で立てることも可能です。
samson Meteor Mic 角度調整

底面はネジ山があり、マイクスタンドにもそのまま装着できるようです。
samson Meteor Mic 底面

買ってみた感想

Macなどはマイク端子がないのでUSBで接続できるのはかなり便利ですし、ヘッドホン端子がついているのもいい。
折りたたみができるので携行性も高いし、マイクスタンドなどに装着できるなどかなりいろいろな使用シーンを想定して設計されたプロダクトという印象です。コンデンサマイクという点を考えれば値段も手頃だし、汎用性の高さなどプロダクトとしての魅力も高いのではないでしょうか。
DTMやってて、アコースティックの音やコーラスを入れたり、動画配信とかしている人にも結構いいんじゃないかと思います。また良いものをゲットしてしまいました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでgappackerをフォローしよう!

 この記事のタイトルとURLをコピーする